Tセキュリティ警告と通知
  • Access のプログラムを Access 2007で開くとセキュリティ強化により、セキュリティ警告を表示します。
  • これを解決にするには『信頼できる場所』にプログラムのフォルダを登録すると表示しない様になります。
  • 信頼できる場所とは、通常はハード ディスク上またはネットワーク共有上のフォルダを指します。
  • 保存されているファイルはセキュリティセンターのセキュリティ機能によるチェックを受けずに開くことができます。
 Windows vista で Access 2007 の場合
  • Access 2007 でプログラムを開くと「信頼できる場所」の説明文が表示します。


 U.信頼できる場所に登録する方法
  1.プログラムを Access 2007 で起動します。
  2.[Microsoft Office ボタン]をクリックし、ボタン[Access のオプション(I)] をクリックします。
    この時次の<Access のオプション>画面表示します。

Microsoft Office ボタン

  3.左の項目から[セキュリティセンター] をクリックし、右下のボタン[セキュリティセンターの設定(T)] をクリック
    すると次の<セキュリティセンター>画面表示します。


<Access のオプション>

  4.左の項目から[信頼できる場所] をクリックすると<セキュリティセンター>画面が変わります。
  5.下のボタン[新しい場所の追加(A)] をクリックすると次の<Microsoft Officeの信頼できる場所>表示します。


<セキュリティセンター>

  6.ボタン[参照(B)]をクリックすると次の<参照@>を表示します。

<Microsoft Officeの信頼できる場所>

  7.左側の[コンピュータ]をクリックして、[ローカルデスク(C:)]をダブルクリックすると次の<参照A>表示します。
    (この説明はCドライブにプログラムファイルある場合を説明しています)


<参照@>

  8.プログラムフォルダをクリックすると下のフォルダ名欄にフォルダ名表示します。
  9.ボタンの[OK]をクリックしると<Microsoft Officeの信頼できる場所>表示します。


<参照A>

 10.<Microsoft Officeの信頼できる場所>の[パス:]にプログラムフォルダ名表示されます。
   チェックボックス[この場所のサブフォルダも信頼する(S)]にチェックを入れます。

 11.ボタンの[OK]をクリックしると<Microsoft Officeの信頼できる場所>画面を閉じます。


<Microsoft Officeの信頼できる場所>

 12.下のように[信頼できる場所]に追加されます。開かれているボタン[OK]をクリックして、全ての画面を閉じます。

<セキュリティセンター>

 13.Accessの画面[Microsoft Office ボタン]をクリックし、[Access の終了(X)] をクリックすると閉じます。

  今後この画面は表示しません。画面が表示する場合は再度やり直してください。